環境省飼育指針

環境省の推進に則り「捨てず 増やさず 飼うなら一生」健康で長~く一緒に暮らすために!
(住環境の整備・保全)(適切な食の推進)(世話と観察あり方)(健康維持・介護予防)を推進しペット飼家庭における総合的プロデュースを各専門家の連携(カンファレンス)により執り行っています。

  • (住環境の整備・保全)ハウスドグターズではペット先進国の基準を学び各固体大きさや犬種の特徴を研究する等、ペットの飼育状況を分析し健康で快適な住環境の整備・保全を導く他、最新の住宅設備機器・住宅建材メーカー・保険とも異業種の枠を超え飼育環境のニーズに合った計画・設計・施工・確かな技術を住まいとペットのケアマネージャーと連携提供をしています。
  • (適切な食の推進)種類・固体・年齢に合わせた食のバランスが重要で、ペットが好むから・ダイエット効果があるから等、沢山与えてしまうと肥満・偏食・アレルギー発症など人間と同じような病気になり寿命を短くする原因となります。
    犬種によってかかりやすい病気も異なり適切な食の推進を行います。
  • (世話と観察のあり方)ペットは、体調が悪くても言葉で伝えることはできません。ハウスドグターズでは、世話と観察がしやすい衛生的な環境を提供する他、「日本ペットシッター協会九州支部」「九州犬訓練士協会」の方々とも連携し飼い主さんにとってベストな飼育環境を提供しています。
  • (健康維持・介護予防)ペットの介護予防・免疫向上の取り組み、「ペットは家族である以上に在宅介護が必要」等、自分より家族を大切にする生き物で、生活の環境を変える事によりペットに負担を与えることとなります。在宅おいての免疫力向上に向けてのケアの在り方や介護用品(ペット用オーダーベット・補助衣・補助具)等の高齢犬や介護犬に対する取り組みを行いケアマネージメントを提供しています。