集合住宅におけるペットの存在

集合住宅でのペットについては賛否両論に分かれることが多く、共同の建物を所有する人にとってペット飼育の賛否は生活の一部を左右される問題でもあります。
ペットに関することとしては大きく4つのパターンがあります。

パターン1:居住する時点の当初からNGの場合。

パターン2:もともと「ペット可」という形での仕様になっている。

パターン3:当初はペットNGだったものの、何らかの理由で「ペット可」に変更された。

パターン4:「ペット可」だったものの、何らかの理由で「ペットNG」にされた。

各パターンから想定されることは、集合住宅ならではのペットの飼育可否に対する考え方です。
現代の社会背景を考慮するとペットと暮らすことを否にすることは難しく、お互いが快適に共生するための道筋をたてることが必要不可欠となります。

また、ペット可と記していますが、ペット共生も同様です。
双方の違いはペット共生にしている方が共用部など飼育外の人との接点する場所での区分け等へ配慮されているため、ペット可に比べるとトラブルのリスクが少なからず軽減されます。