住環境を整備する必要性について

現代の少子高齢化の増加やストレス社会により、人がペットに心を寄せることで、心身ともに健康になることが多くあります。

しかしながら、従来は外で生活していた動物のため、私達と共に生活するにはお互いがルールを決めて守ること、他人に迷惑をかけないことが必須になります。
そのためには動物の生体を知り、知識を得ることが重要です。

本能を引き延ばすことだけでなく、要求を抑えることで身体や精神的にも健康維持が難しくなり、物に悪戯したり、排泄をしたり私達が想定していないことを行う場合もあります。
他にも狭い室内の中で、多頭飼育をしているとテリトリーの関係から喧嘩などのいがみ合いが起こり、迎え入れた飼い主自身が想定外のことからお世話を放棄する恐れもあります。

お世話を放棄することで近隣住民へのトラブルの原因に発展することもあり、逆にペットのお世話をすることで生きがいとなり、気が付いた時にはお世話が十分に行き届かない数まで増加している場合もあります。

このような事から、住環境を整備することで近隣の人へ迷惑をかけず、自身の可能な範囲でお世話が行き届き、知識と認識を得ることが必要となります。

特に集合住宅では同じ建物内で生活しているため、建物を利用するにあたり、ルールを守り、他人に迷惑をかけず、またペットを飼育していない世帯にも配慮する必要が求められます。