現代社会からみる住宅の社会背景

近年、飼育動物はストレス社会からの癒しの存在・単身者の家族的な存在などで飼育人口が増加したことにより、社会問題としても注目されてます。

特に集合住宅でのトラブルに関しては不特定多数の人々が生活することから未然に防ぐことを望まれますが、飼育動物のトラブルに関しては、通常の管理規約以外に別途規約が必要です。

それらも通常の管理規約と同様に守る必要がありますが、飼育動物への依存や安易な気持ちから、共同生活におけるマナーに対する認識が低くなる傾向もあるようです。
集合住宅での飼育管理トラブルにおいては最終的には、飼育動物を手放す事やペット飼育不可になる事も少なくありません。

これらの方法は根本的な解決とは言えません。
飼育動物の存在地位の多様化により、現在では動物愛護及び管理に関する法律により命を守ることが優先され、違反したものにたいしても厳しい罰則となります。

飼育動物の存在は、現在までの様々な研究により人々の暮らしにとって大きな役割を果たしています。